病院力UPプロジェクト

マーキュリーが考える「病院力」とは…

病院力=医療の質×優秀な人材×信頼・安心

この3つが揃って初めて病院の力が高まり、魅力ある病院へと成長します。
これからの時代は、医療の質だけでなく、医療に取り組む姿勢、診療実績や評価などの情報を自らが発信して、信頼を得なければなりません。

人材マネジメント

優秀な人材の採用、離職率の低下、院内研修などお悩みではありませんか。
質の高い医療を提供する為には人材が不可欠です。
求人広告を出すだけでは採用は出来ません。
求職者に対する認知度、求職者が求める情報を発信する、実は採用広報とブランディングは同じ手段で解決出来ると考えます。

詳しくはこちら

情報公開(医療情報の発信)

厚生労働省は「患者等への医療に関する情報提供の推進」に関する取組として、広告規制緩和を徐々に拡大しています。それによって医療機関は今まで以上に広範囲の情報発信が可能になりましたが、情報の正しさだけでなく「理解出来るように伝える」ことができなければトラブルを生んでしまいます。
マーキュリーでは医療情報を整理し、分かりやすい表現や見せ方で発信するお手伝いをいたします。

病院のコンセプトブックを作ろう

Sample List

病床数150床以上病床数300床以上病床数100床未満クリニック等

具体的な活用例としては…

地域医療連携

2025年問題を前に病床再編をするのであれば、周辺の医療機関との連携は不可欠です。
他の病院も同様ですので、従来以上に情報発信で自院をPRすることが必要です。
正確な情報を的確に発信できるメディアやツール活用をご提案いたします。

院内コミュニケーション(院内広報)

チームワークを必要とする医療現場では、日頃から院内コミュニケーションが図られていることが大切です。
各職員が質の高い医療サービス提供に対して、理念と目的の共通認識が必要になります。目標を理解・共有することによって「結束力の強化」「所属意識の醸成」「使命感の醸成」が出来ます。
その為にも院内広報の果たす役割は重要です。

医療機関の皆様へ