思い出

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧頂きましてありがとうございます。
大阪本社のSNです。

夏の風物詩の一つに花火大会がありますが、この夏に初めて
みなとこうべ海上花火大会の有料観覧席で花火を見るという体験をしました。
今年は神戸港開港150年を記念して、打ち上げ数も1万発から1万5千発と
規模が拡大されており、例年より人出も多いだろうと思い、場所取りをせずに
花火が見れることに魅力を感じ、チケットを購入しました。

写真を撮るのも好きなので「SNS映えする写真を撮る!」と
カメラを準備したものの、間近で見る花火の美しさと迫力に感動し
ファインダーを通して花火を見るのがもったいなく感じ、途中から
写真を撮るのをやめて目に焼き付けるように見ていました。

当初花火は無料で見るものという観念をもっていた私にとって
お金を出してまで花火を見るのはどうなのか・・・
という思いもありましたが、夏の良い思い出を作ることができました。

お盆も終わり、賑やかだったセミの鳴き声もだんだん減ってきて
「夏」の終わりを感じる頃となりました。
皆様はこの夏どのような思い出を作られましたでしょうか。
機会があれば、ぜひお聞かせいただければと思います。

今後とも株式会社マーキュリーをよろしくお願いいたします。

マーキュリー コンサルタント S.N
━━━━━━━━━━ http://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします

http://goo.gl/sRdsf

世界陸上

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧頂きまして有り難うございます。
九州支店のコンサルタントY・Hです。

先日までロンドンで開催されていた陸上の世界選手権。
連日寝不足になりながら、世界屈指のアスリートたちのパフォーマンスを観ていた方も
多いと思います。

陸上競技は、身体的要素に左右されるため、日本人が活躍する機会は
一部競技に限られていました。
しかし、昨年のリオデジャネイロ五輪で男子400Mリレー、50km競歩で
日本代表選手がメダルを獲得したことで、世界との差が少し縮まったように
感じる方も多いと思います。
今回のロンドン世界選手権でも、サニブラウン選手が200Mで決勝まで進出し、
100Mでは出場した3選手全員が準決勝進出。
400Mリレーでは見事に銅メダルを獲得しました。
さらには50km競歩で2位、3位を日本人が占めるという快挙で、
同じ日本人が世界で活躍する姿を見て、
これほど誇らしいことはないと思いました。

リレーではボルト選手がケガで途中棄権したから上位に入れた、
競歩では昨年の五輪で上位に入った選手が出ていないからメダルが取れた、
と思っている人も存在するようです。
しかし、その結果を生んだのは、
4人のリレーメンバーがしっかりとバトンを繋いでゴールまで走り切る、
違反で失格せずに50kmという長距離を完歩した、この事実があってこそです。
言葉で「すべての力を出し切る、やり切る」と言うことは簡単ですが、実際にやってみると、
それは簡単ではありません。
常日頃から、力を出すために練習を重ねる、要は努力を重ねる、
怠らないということが当然のように出来なければ、絶対に最善の結果は出ません。

今回の世界選手権を観ていて、努力すること、継続することの大切さ、
その先に待っている結果の素晴らしさをあらためて痛感しました。
いつも努力が報われるわけではないですし、そうした無慈悲さも人生ではよくあることですが、
私たちの仕事においても、目的は何か、そのために何を準備するべきか、
どんな知識を習得するべきか、問題点は何か、解決するために必要な策があるか、などなど、
いろいろと考えるべきことは存在します。
それをないがしろにして、行き当たりばったりの仕事をしてしまうと、
当然ながら良い結果は出ません。
当たり前のことですが、日々を大切に、自分が成長するために努力を継続し、
自分が目指すべきゴールをしっかりと思い描いて、そのゴールへ向かって
一歩一歩進んでいきたいと思います。

マーキュリー コンサルタント Y.H
━━━━━━━━━━ http://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

逃げ水

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧いただきありがとうございます。
大阪本社コンサルタントのK.Iです。

毎日暑い日が続きますね。
夏だから暑いのは当たり前、セミが元気なのも当たり前、
アイスクリームやかき氷が食べたくなりやすいのも当たり前。
そういう当たり前だと思う出来事はたくさんあるかと思いますが、
一方で、人によっては当たり前が異なるということも多々起こるものだと思います。

例えば今回のタイトルになっている逃げ水。
夏の風物詩の一つと言われている現象ですが、
お恥ずかしい話、先日とあるきっかけがあるまでは私自身はよく知る言葉ではありませんでした。
周りの人に話を聞いていても、現象としてはそういう現象があると知っている人、
逃げ水という言い方は知らないが別の言い回しなら知っている人、
全く知らない人など、人により様々でした。
「逃げ水」は夏の風物詩と言われていますが、
当たり前の人も、そうでない人も、両方いるものだと改めて感じました。

こういったことは、進化する社会の中ではより多く起こっているように思います。
そして、それを顕著に感じるのは、医療面で先生方や病院の経営層の方とお話している時です。
先日もある先生とお話をしていると、少し前までは疾患に対する当たり前のアプローチが、
最新では180度異なるアプローチを行うようになったとお聞きしました。
医療機関の運営においても、これまでの「良い方法」「当たり前の方法」から
新たなものにシフトしているということをよく聞きます。

同様に、先生方や医療機関が感じていることも様々で、
私たちを含めて患者さんや周囲の人が感じていることが、
先生方や医療機関の考えにおいて当たり前ではないということも起こっていることだと思います。
私たちも転職支援のプロとして当然ながら日々の勉強を怠りません。
ただ、最前線の現場で医療に携わる人と比べると、
残念ながらどうしても感じていることにズレや不足がある場合もあるかと感じます。

その場合はぜひご意見や思い、お考えをお聞かせください。
その場ではすぐにお答えできないこともあるかもしれませんが、
必ずいい形での答えを改めてご用意して、お役に立てるように努めてまいります。

ぜひとも、転職・バイト探し・採用のお手伝いやその他広報支援まで、
何か思われた際にはお気軽にお声かけくださいませ。

そこにあるようで本当は存在しない、そういった逃げ水のような存在ではなく、
常に確かに存在するパートナーとして、皆様のお役に立てるように努めてまいります。

マーキュリー コンサルタント K.I
━━━━━━━━━━ http://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

進路

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧頂きありがとうございます。
マーキュリーコンサルタントT.Sです。

我が家には来年高校受験を控える中学3年生の娘がいます。
最近は毎週のように体験入学なるものに参加して、
どの学校へ行こうかと吟味中の様子。
自分が受験生だった頃には無かった取り組みですし、
時代も変わったのもだと感じます。

学校側も生徒を確保しようと躍起になっているのか、部活体験や制服の試着もできて
受験生にとって入学した後のことをより具体的にイメージできるようにしているのでしょう。

娘にどんな基準で行きたい高校を選んでいるのか聞いてみたところ、
具体的な希望はあまりないようで
とりあえず行ければどこでもいいという答えが返ってきました。

将来やりたいことやなりたい職業を見越して選んではどうかとアドバイスもしましたが、
そこまで考えてはいなかったようです。
今の自分だからそういう風に思うことが出来ますが、
15歳という年齢でそこまで考えるのは難しいかもしれません。
私も当時の自分を思い返してみましたが、
とりあえず良い大学へ行くために良い高校に行きたい、くらいしか
考えていなかったように思います。
親としてはこの際、入ってくれさえすればどこでもいいかなという気がします。

人生にはこのような分岐点がたくさんあります。
進学、就職、結婚、などのライフイベント全てにおいて、
このように【選ぶ】という行為をしないといけません。

我々も日々転職希望の方々のお手伝いをさせていただいてますが、絶対は存在しません。
だからより具体的に将来をイメージできるよう
様々な角度から客観的なアドバイスができるように心がけています。
そのことが皆様にとってベター、またベストな選択につながるのではないでしょうか。

まずはお気軽にご相談いただければ、全国のコンサルタントが
しっかり対応させていただきます。

今後ともマーキュリー並びに、弊社運営サイト「メディキャリア」を
どうぞよろしくお願い申し上げます。

マーキュリー コンサルタント T.S
━━━━━━━━━━ http://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

夏のミュージアムめぐり

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧いただき、ありがとうございます。
東京本社のE・Hです。

世間は既に夏休みも始まっており、朝の通勤電車内も学生が少ないので
多少すっきりとした印象ではありますが、個人的には8月になったという実感が
ほとんど無く、すっかり社会人になってしまったなあと感じます(笑)。

さて、このブログでも過去に書かせていただく機会がありましたが、
私は元々水族館や博物館に行くのが好きで、休みの日に色々な展示を
観に行ったりしています。
先日も友達と品川のアクアリウムへ行き、早めに回りきれてしまったため
その足で上野の国立科学博物館にも行くという盛り沢山な一日を過ごしました。
しかしながら、こういう休日の過ごし方はここ数年で徐々に増えてきたものです。
というのも、幼い頃は家族と一緒に行く場合がほとんどで、
要は「連れて行ってもらっていた」わけですが、ある程度成長すると
家族で出かける回数も減りますし、部活等も忙しく、
興味はあってもなかなか足を運ぶまでに至りませんでした。
それが、大学生から社会人にかけて自分の自由に使える時間やお金が増えたことで、
改めて水族館や博物館、美術館、プラネタリウム等の魅力に気が付き、
自分はこれらのものが好きだったんだなと思い出して、自分の目で実際に観に行く行動を
起こせるようになったのだと思います。
また、その面白さを共有できる友達がいることも大きいですし、そもそもは幼少期に
色々な所へ連れていき、これらが面白いものだと思えるきっかけを作ってくれた
家族のおかげなので、恵まれているなと最近感謝するようになりました。

好きとは言っても、近場ですらまだまだ行ったことのない施設が沢山ありますし、
全国にはもっと多くの様々なジャンルの展示物があるので、
いつかは遠征もしてみたいものです。
特別展も多いこの時期、色々調べてみたいと思います。

夏休みということでこんな話題になりましたが、先生方におかれましては、
夏期休暇を取られる方やその間スポット勤務に入る方など、
それぞれの予定でお忙しくされていることと存じます。
ご自愛の上、良い夏をお過ごしください。

株式会社マーキュリー E・H
━━━━━━━━━━ http://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

1 / 12912345...102030...最後 »
マーキュリーのコンサルタント日記

カテゴリー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ