医療法人社団協友会

メディカルトピア草加病院


SPECIALIST
メディカルトピア草加病院 院長 金平永二 氏

日本初のフリーランス医師として60以上の病院を周り、内視鏡手術をこなしてきた
平成のブラックジャック。「やさしい手術」を追求してきた金平永二氏の医師人生とは。

そして現在メディカルトピア草加病院・AMG内視鏡アカデミー代表を務める彼が、
若手医師へ伝えたいことは。

二人三脚で新病院の設立を支えてきた久保田事務長は金平院長にいつも
『院長ぶらなくていい、 先生のままでいてください。それがうちらしさです。』
と話してくれるそうです。目の前の患者さんを親身に丁寧に診察してきた
「やさしい医療」が、メディカルトピア草加病院にも浸透していることが、
患者さんと職員の笑顔からも伝わってくる優しい病院でした。

メディカルトピア草加病院

院長 金平永二氏

テュービンゲン大学医学部

ゲルハルト・ブエス教授

恩師との1枚

ゲルハルト・ブ エス教授

久保田事務長

(写真右)

平成のブラックジャック

内視鏡のスペシャリスト


SPECIALIST STEP UP

内視鏡外科のスペシャリストとしての道のり

道のり

内視鏡外科医として階段を登れたな、と感じたことはありませんでした。 一段ずつ登るというよりはらせん状に登ってきたと言った方がいいかもしれません。
ただ、生き方として壁を越えたと感じたのはドイツへ留学したことですね。 僕が所属していた医局では留学の機会は回ってきませんでしたので、大学を辞め裸一貫、背水の陣で留学しました。これは自分の壁を越えた時でしたね。
その頃日本には内視鏡技術はまだ存在せず、ちょうど留学の試験に合格した頃日本に内視鏡が初上陸し、その技術の可能性について議論が始まった時でした。しかし、ドイツに行くともう毎日のように内視鏡手術が行われていて、日本ではまだ『大丈夫か?』なんて議論している段階だったので、それは本当に驚きでワクワクしましたね。
幸運にもドイツの医師免許も取得でき、留学先のテュービンゲン大学医学部のゲルハルト・ブエス教授から様々な技術を学ばせてもらいました。

日本初のフリーランス医師

日本初のフリーランス医師

ドイツ留学から帰った頃日本でも少しずつ内視鏡手術が始まっていましたが、内視鏡手術を行う対象疾患は大学病院でする程の手術ではないので、関連病院で手術をしていました。すると若手医師や患者さんからも評判がよくなってしまい、大学病院にいる時間が少なくなり『どこをほっつき歩いているんだ!』と教授に怒られてしまいました。仕方がなく僕が関連病院に行かなくなると、また切らなくてもいい開腹手術が増えることになりました。それを見ているのがとても辛くて、これを解決するには自分がフリーランスになるしかないと思い決断しました。しかし、招かれたチームでの執刀は毎回スタッフが変わりますし、それぞれのレベル差もあるので大変でした。特に内視鏡は両手が塞がっているので指示を出すのがとても難しかったです。モニターを指して説明できないので、誰が聞いても分かるように客観的に説明することを心がけました。伝わらないことで自分が苛々すると、余計に適切な表現ができずロスタイムを生んでしまいます。そうならないために冷静にいること、必ず誰でも理解できる表現で伝えることで、自分の成長にも繋がりました。

フリーランス経験を生かしたアミーサでの教育

フリーランス経験を生かしたアミーサでの教育

教育も時代と共に変化し、理論的に教えるのがいいのか、手取り足取り体で覚えさせるのがいいのか、どちらが正しいか分かりませんが、体で覚えた技術は次の世代へ教える時、また体で覚えるまで何百回も教えて練習しなくてはいけません。
しかし、理論的な教育は言葉や数値で形に表すことができますので、次に教える時はもっと早く教えることができるかもしれない。 正確にコピーされやすく、短時間で教えることができるのではないかと考えています。
10年かかって教わったことを10年かけて教えていては意味がありません、次は5年で教えたい。
それが僕の役目だと思っています。


SPECIALISTMESSEAGE

昨日よりも今日、1ミリでも成長したいという思いでやってきました。 その結果が今に至っていると思います。僕の尊敬する偉大な医師達に共通しているのは、いつもポジティブに探究心を持って
『どうにかしたい、 もっとよくなるはずだ』と意欲的なことです。 僕自身もまだまだ完成されていないと思いますので、もっと研究を重ねて完璧な手術に近づきたいと思います。
1例1例一生懸命、丁寧に執刀していますが、チーム全体で完璧な手術をしたい、ロスタイムをゼロにしたい。僕が思う完璧な手術とは無言の手術ですね。
全てのスタッフが完璧なプログラムに則って、適切な時に適切な動きができるそんな手術ができたら素晴らしいでしょうね。


PHOTOPHOTO


外観

Photo1-外観


受付

Photo2-受付


個室

Photo3-個室


オペ室

Photo4-オペ室


SPECIALIST+
メディカルトピア草加病院院長 金平 永二氏 大和成和病院院長 倉田 篤氏 浅田レディース駅前クリニック院長 浅田 義正氏

Presented by MERCURY.
株式会社マーキュリー運営WEBサイト