ないものねだり

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧いただき、ありがとうございます。

毎日寒い日が続きますね。
寒いからといって部屋を暖かくしていると、
ついつい眠たくなってしまいまうのでどうしたものかと思います。
また、普段から寝起きが悪い私ですが、
この季節はよけいに布団から出られなくなり、
ついつい慌てて動き出すことが多い大阪コンサルタントのK.Iです。

寒さについて書いていると冬が嫌いなのかと思われそうですが、
夏は夏で暑いのも苦手なので困ったものです。

寒い冬は暖かさを、暑い夏は涼しさを求めてしまう。
もっと言えば、快適な気候はないものかと思いを馳せることもありますが、
当然そんなものは手に入りにくいもの、つまり<ないものねだり>です。

寒い冬には暖かな布団で過ごせることを喜び、
暑い夏にはかき氷などを食べてひと時の涼を楽しめるようになりたいものです。

こういった<ないものねだり>はどんな場面でも起こることかと思いますが
転職の場面でも多く見られます。
技術が習得・研鑽できる、設備が整っている、勤務場所、給与、人間関係など、
医療・福祉に従事する皆さまには挙げだしたらきりがないくらいの希望があるかと思います。
同様に、雇用する医療・福祉機関側にも同じくらいの希望があるかと思います。

もちろん、何もないよりは確実に希望があったほうが
実際に選択していく時にはスムーズな選択が行えるかと思います。
しかし、希望がありすぎて結局折り合いがつかない、
あるいはどちらかが無理をしてしまい、
結果的に早期に縁が切れるケースもよく聞こえてくる話です。
残念ながら、すべての希望が叶うケースは稀です。
折り合いをつけながら、双方が一番良かったと思えるポイントで話がまとまることが、
最も良縁といえるのではないでしょうか。

とはいっても数多くの希望の中から折り合いをつけていくことは難しいことだと思います。
だからこそ<自身の軸を持つこと>これがどんな場面でも必要になってくることと思います。
医療・福祉に従事する皆さまにおいては転職する際の軸を、
医療・福祉機関側には受け入れの際の軸を、
もちろん、その軸がないものねだりのような軸ではいけませんが、
その軸に沿って物事を判断すると、少し選択や判断がスムーズになると思います。

そして、ご自身の軸がなかなかない見つからない場合は私どもにご相談ください。
医療・福祉に従事する皆さまにとっての軸、医療・福祉機関にとっての軸、
それぞれを一緒に考えながら見つけ出し、
ご満足・ご納得いただける選択をサポートいたします。

ご相談いただければ、時にはないものねだりのような軸でも見つかることもあるかもしれません。
まずはぜひお気軽にお問い合わせください。

マーキュリー コンサルタント K.I
━━━━━━━━━━ https://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

「弁証法」~dialectic~

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧頂きありがとうございます。
マーキュリーコンサルタントT.Sです。

先日何気なくTVを見ていると、ドイツの哲学者ヘーゲルが唱えた「弁証法」が
近代哲学では最強だという番組を放送していました。
簡単に言うと、物事には反対意見があったほうがいい、
そうすることで新たな考え方や方法が見つかるというものです。
こういう話は嫌いではないのでついつい見入ってしまいました。

私も20年弱社会人生活を送っていますが、確かにそのような場面には
今までたくさん遭遇してきました。

会議などで議論する際、良くしたいという思いは皆同じですが、
そこへ行き着くための道筋は色々あります。
どのようにゴールまで持っていくのか、落としどころはどこなのか、
など話し合うことで個々の「考える力」が研鑽され、
レベルアップしていくものではないでしょうか。

会社内、病院内、家庭内、友人関係、など色々な場面で
自然とこの「弁証法」という考え方に基づいて、コミュニケートしているのです。

身近な例を上げると・・・
車は便利な乗り物VS環境に悪い乗り物
=ハイブリッドカー
雨でも野球が出来るようドーム球場を作ろうVS野球は青空の下でやるものだ
=開閉式ドーム

こういった形で常に進化してきているのだと思います。
医療業界も同様に日々進化し、新しい医療機器、新薬などが作られてきた歴史が
あるのではないかと思います。
今後、正しい道のりを歩み続けることを期待したいと思います。

さて今年も気が付けば1ヶ月が経過しようとしています。
春の転職へ向けて新しい勤務先をお探しの方、4月からの人事が確定し、
空いた時間をアルバイトに費やそうとされている方、様々かと思います。
そんな時はマーキュリーにご相談ください。

「弁証法」ではないですが、先生のお考えを最大限尊重しながら、
また違った角度でのアドバイスやお手伝いをさせていただきます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

マーキュリー コンサルタント T.S
━━━━━━━━━━ https://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします

http://goo.gl/sRdsf

新しい春に向けて

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧いただき、ありがとうございます。
東京本社のE・Hです。

大寒波の影響で今週は全国的にとんでもない寒さですが、
皆様のところでは雪など大丈夫でしたでしょうか?冷え症にはつらい時期ですので
冬自体は嫌いではないものの、早く暖かくならないかなとも思ってしまいます。
春を待つようになったということは、今年度も残り僅かだとうことですね。

春を待つといえば、私には大学4年生の妹がいるのですが、
幸いにも就活が割と早い段階で終了し、夏の終わりから秋冬にかけては
度々内定先の研修や同期との食事会などに出向いているようです。
入職前に、自身がこれから働く場所はどんなところなのか、
共に働くのはどんな人達なのかを知る機会は貴重ですし、
新生活のスムーズなスタートを切る、あるいは働く上でのモチベーションを上げるために
重要です。

医師についても、常勤・非常勤問わず、現在4月入職に向けて動かれている方が多い時期です。
医療機関によって採用方法は様々ですが、面接と併せてトライアル勤務を設けるところや
随時見学をさせていただけるところは、医師・医療機関双方にとって勤務イメージが
湧きやすくなりますので、就活の際はこの機会を積極的に利用していただければと思います。
そしてそこに至るまでの情報提供や見学・面談・トライアルの設定など、
細かな調整を一緒に行っていくのが我々紹介会社です。
事前に互いについて知り、働き方の方向性を共有することが、
安定した長期勤務や質の高い医療提供に繋がります。

先生方がこの春、良いスタートを迎えられるよう弊社でも全力でサポートいたします。
もちろん他の時期の入職に向けてお手伝いさせていただいている医師も多数おります。
現在の勤務条件について他と比べてどうなのか知りたい、というようなご相談も承りますので
疑問やお困りの点がございましたら、いつでもお問合せください。
今後とも、マーキュリーをよろしくお願いいたします。

株式会社マーキュリー E・H
━━━━━━━━━━ https://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

状況の確認は大事ですね

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧頂きありがとうございます。
東京本社のOです。

2017年になり2週間あまり経ちましたがいかがお過ごしでしょうか。
私は今年は年男で、酉年ということもあり飛躍の年に出来ればと
ひそかに思っておりますが、年が明ける前の年末には胃腸炎に苦しみました。
丁度流行っているという報道が出ているタイムリーな時期で
移動中の新幹線ではトイレにこもりっきりになりました。
帰宅したころには熱が出て、翌日に近所のクリニックで診てもらい、
胃腸炎と診断されました。
原因が何か分かっただけで熱はまだあったものの
気分的にとても楽になりました。

どのような状況だか分からない時はとても不安なものです。
私自身も仕事をする上では、先生方に進捗の報告を適宜行うことで
少しずつでも前進していることを分かっていただき、
状況が分からないということが無いように心がけています。

関東エリアでは年末ごろまで先生方のお問い合わせが
少し落ち着いておりましたが、年が明けてから本格的に
4月に向けて動き出そうというお問い合わせが、
非常勤だけでなく常勤でも頂けるようになって来ました。
時期を逃さないようお早めにお問い合わせいただければ幸いでございます。

今後ともマーキュリーをよろしくお願いいたします。

マーキュリー コンサルタント H.O
━━━━━━━━━━ https://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

俯瞰する力

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧いただきありがとうございます。
大阪本社のY.Yです。

2017年も入り数日たちましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
そろそろ普段通りの生活に入られている事かと思います。

さて先日、ふと目にした駅の広告の言葉で気になるものがありました。
【俯瞰】というワードです。
本を読んでいたりテレビを観ているときに、最近気になっているからか、
何度も飛び込んできます。
今回はこの【俯瞰】について考えてみました。

人間は普段五感を使いこなし生活をしていますが、
その83%以上が視覚からによるものらしいです。
そして、かの有名なD・カーネギーさんの本にも挙げられていましたが、
「自分の目に見えているものが絶対的に正しい」
と思うのが人間の性らしいです。
83%も影響受けていて、なおかつそれが絶対だと信じてしまうなんて、ちょっと怖いですね。
1つの情報を複数で見ているとしたら、それぞれ各自の認識で処理をしてしまっている、
1つの情報なのに、それぞれが別の情報として認識してしまう、ということです。

例えばよく加害者と被害者がちがう証言をしたり、
夫婦の馴れ初めで先に声をかけたのはどっちだ、など
証言が違うことって、よくありますよね。
これは思い込みの違いが大きいところもあるということです。

1つの出来事でも、それぞれ角度の違うところから見ていると
すべて一致するとはかぎらないのだなとよく思います。
時間、距離でも違う観点で見てしまう双方の認識は、大きく違ってしまいます。
本質を見極めると見えてくる不都合な事実なんてたくさんあるのだろうなと思いました。

俯瞰的に物事をみて双方の考え方や見方を咀嚼して解釈してみると
今までの私なりの解釈や行動で、はっと気付かされるものがあり
少し恥ずかしさを感じたものが幾つも見えてきました。
日々の行動を思いかえしていこうと思います。

まだまだ4月にむけてもご相談ください。また、些細なことでもお気軽にご相談くさい。
今後ともマーキュリーを宜しくお願い致します。

マーキュリー コンサルタント Y.Y
━━━━━━━━━━ https://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

マーキュリーのコンサルタント日記

カテゴリー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ