当事者になるという意識を持つこと

いつもマーキュリースタッフブログをご覧頂きまして有り難うございます。
九州支店のコンサルタントY・Hです。

ようやく夏が終わろうとしています。
今年の夏は記録的な暑さでしたが、自然災害が例年に増して多かったですね。
豪雨、台風、地震といろんなことが次々にあちらこちらで起きてた感じです。

今も避難生活で不自由にされている方、家族や親族を亡くされた方など、
いろいろな現状がメディアを通じて連日報じられています。
ただ、自然災害は自分が住む地域で起きるかどうか、直接的な影響や被害があるかないか、で
随分と印象や記憶が変わります。
遠く離れた土地、自分とは無関係な土地で起きることに対して、人は意外と無頓着。

『大変そうだんなぁ』『ここで起きなくて良かった』という感じで、まさに他人事です。
私も実際にはその1人なのは間違いないところです。
こうした他人事な考え方は、ときどき無自覚な悪となって、
知らず知らずのうちに他人を傷つける原因になったりもします。

なかなか、全ての事を自分の事として捉えるのは難しいです。
『いつ自分に影響が及ぶか』『自分が当事者になるか』という考えがなければ、
柔軟な対応もできません。
常に悪い状況、最悪の事態を想定して備えておくこと、これもとても重要です。

こうした意識は、仕事でもプライベートでも、いろんな場面で求められると思います。
何か不都合、不具合が起きてから対処するのではなく、事前の準備や心構えがとても大事。
いざという時、ここぞという時、しっかりとした対応を取るには、
受動的なリアクションではなく、能動的なアクションが絶対に必要です。

自分の周りで起きることを対岸の火事と思わず、自分の事として捉える。
簡単なようで実際には難しいですが、常に当事者意識を持ち続け、
いろいろなことに自分から関っていけるようになれば、
心地よい世の中になるようなが気がします。

私もそういった意識を持つよう心掛けます。

マーキュリー コンサルタント Y・H
━━━━━━━━━━ http://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

マーキュリーのコンサルタント日記

カテゴリー

2018年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ