日別アーカイブ:2017年05月29日

縁(ゆかり)の強さ

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧いただき、ありがとうございます。
東京本社のE・Hです。

先月、高校時代の部活のメンバーで飲み会がありました。
私達の世代を中心に、一つ上と一つ下の三世代が集まったのですが、
予想した以上の人数が来て驚くとともに、皆あまり変わっていなくて、
とても懐かしかったです。
卒業以来会っていない人だと、およそ10年ぶりになるでしょうか。
それでも、いざ会って話し出すと当時の空気がすぐ戻ってくるのは凄いなと感じました。
全員成人していますし、社会人になって各々苦労していることや夢中になっていることがあり、
そういった話を色々聴けたのも良かったです。
また、その飲みの場でたまたま隣の半個室に来ていたグループの方が我々の席に来るという
流れになり、詳しく話をするうちに、そのグループは我々のうち何人かと同じ出身大学の
集まりだと判明したのです。
しかも話をしていた方は、歳こそ違いましたが私達と同学年で、
友人の一人と共通の知人がいた、という展開に。
地元周辺とはいえ、世間は狭いなと実感しました。

同じ学校や地域の出身であるということは、人と人とを強く結びつけます。
それが時に初対面の壁を壊してくれたり、新たな人脈を作るのに役立ったりする場合もあります。
新しい職場に入る際もそれは同様で、相手について知らなくとも、同じ共同体の情報を
互いに共有できることが安心感を生み、物事が円滑に進むケースは少なくありません。
しかし、その逆もあります。医師の場合は特に顕著だと思われますが、
以前の職場にいた医師の知り合いがいる病院や、
同じ大学医局出身の医師が多くを占めている病院等、
人同士の縁(ゆかり)が、かえって職場に馴染みにくい要因となるため
避けたがる先生もおられます。
強い結びつきを生みやすいが故に派閥に発展する例は、
医師の世界でなくともままあることです。
また、年齢や役職による関係性を気にされる先生もいらっしゃいます。

働く上で最も重要なポイントの一つは、一緒に働く「人」だと思います。
より良い労働条件を求めて転職する方と同じくらい、
人間関係に悩み新しい職場を探す方は多いです。
条件の改善は確認できても、一緒に働く人について転職前に全て把握することは
難しいでしょう。
実際の人となりは働き出してからでないと何とも言えない部分ではありますが、
弊社コンサルタントは入職前に少しでも不安要素を無くすために、先生が避けたい縁は
あらかじめお伺いし、条件に合う医療機関をご案内いたしますし、面談前に事前訪問を行い
職場の雰囲気や方針等をしっかりと見聞きした上で、情報をお伝えしております。
もちろん、面談先の医師が応募した医師を知っていたために、
入職がスムーズに決まった例もございます。
縁をどう活かすかは人それぞれです。
人間関係で転職を迷われている先生がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

株式会社マーキュリー E・H
━━━━━━━━━━ http://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

マーキュリーのコンサルタント日記

カテゴリー

2017年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別アーカイブ