「障害者」から「障がい者」へ

いつもマーキュリーコンサルタントブログをご覧頂きありがとうございます。
エージェントOです。

私は前職では一般企業への障がい者採用支援を行っておりました。
当時の仕事で、企業に対しても障がい者に対しても気を付けていたことがあります。

「障害」ではなく「障がい」と必ず表記することです。
たまに、何で「がい」の字が平仮名なのか聞かれることがあります。
「害」という字には悪い影響という意味があります。
これを当てはめると障害者は、
邪魔して悪い影響を与える者という意味になってしまうからです。

最近では自治体でも、「障害者」という言葉の表記に
偏見や差別、不快を感じる人もいるのでは
ないかとという見解から「障がい者」という表記に改めているところもでてきています。

当人やその家族の立場になって考える、これはとても大事なこと。ドクターの皆様も
常に患者やその家族の立場になって考えていらっしゃることかと思います。

マーキュリーもより一層、
ドクターはじめ医療従事者の皆様の立場になって
転職、アルバイトのご支援をさせていただきたいと思っております。

今後ともマーキュリーをよろしくお願いいたします。

 
━━━━━━━━━━ https://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

マーキュリーのコンサルタント日記

カテゴリー

2013年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ