在宅医療にみる死生観

いつもメディキャリアのコンサルタントブログをご覧頂きありがとうございます。
 
株式会社マーキュリー/東日本医師リクルーティングチーム
担当Kでございます。
春まだ浅い今日この頃でございますが、いかがお過ごしでしょうか。
 
4月からの新たな環境を前に、
期待と不安の入り混じる時期をお過ごしの先生も
いらっしゃるかと存じます。

我々エージェントもこの時期は、期待と不安を
感じつつ日々を過ごしております。
 

今年は4月のご勤務開始に向けて、
在宅医療に関わる先生や医療機関の担当者様と
数多くお話をさせて頂く機会がございました。
今後も多くの先生方やスタッフの
お力が必要になる分野であることを実感しております。
 
お看取りも多い在宅医療でございますが、関わる先生方からは、
人生最後の期間におけるQOL向上や
安らかな最期に向けた意識の高さを感じております。
 
私の親族や知人でも既に亡くなった方がおりますが、
自宅にてという方は殆どいないことに気が付き、
自宅で医療を受けることが出来る、
自宅で最期を迎えるということは、
とても幸せなことではないかと考えるようになりました。
 
現在は、治療とも延命とも違う、
痛みや苦しみを取る医療へ大変高い志で向き合っていらっしゃっている先生が
大勢いらっしゃるんだという実感がございます。

もちろん、治療も延命も否定する立場ではございませんが、
残り限られた時間に考える余裕や、人と触れあう時間を創出する大変崇高な職務である
と思います。
 
本来、日本人にとって死とは忌むべきものではなく、
万人にいずれ訪れるものとして自然と生活の中にあったものであると伺ったことがあります。
それにより、生へのありがたみや他者への思いやりが育まれたとのことです。
 
今後、在宅医療の増加で見直される価値観かもしれません。
数多くのハードルが伴う在宅医療ですが、それに向き合っている先生や
医療関係者の方々のお力になれるよう、私自身も取り組んでいきたいと思います。
 

株式会社マーキュリーでは、どのスタッフも「なんとか先生のお役に立ちたい!」と
考えて仕事についています。是非、ご利用エージェントのひとつに加えて下さい。
 
先生のご希望に沿うご勤務先をお探し致します。
それでは、メディキャリアよりのお問合せをお待ちしております。

株式会社マーキュリー 東日本医師リクルーティングチーム 担当J.K

━━━━━━━━━━ https://www.mercury21.jp/ ━━
☆フェイスブック投稿しています!応援「いいね!」をお願いします
http://goo.gl/sRdsf

マーキュリーのコンサルタント日記

カテゴリー

2013年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ